運営者のプロフィール

20 / Apr. / 1997;
ブカブカ帽子とムチムチボディ


 

はじめまして、凌太(Ryota)と申します。

僕は小学生の頃に
「尾崎豊」と「麦わらのルフィ」の在り方
に魅せられ

幼いながらにして「自由」というものに
心から憧れを抱いていました。

ただ現実は、麦わら帽子ではなく
野球帽
をかぶり続けた青春時代
を過ごし

 

盗んだバイクで走り出すどころか
学校で禁止されていた、チャリ通すらしない生真面目なヤツでした。

 


そして、その他大勢と同じように
(一流と言われているらしい)大学へ進学しましたが

19歳の時に
「これは僕が望んだ人生じゃない!」ということに気づき

学歴という人生の縛り
道端のゴミ箱に投げ入れるようにアッサリと捨て去りました。

安心してください。
僕にも茶髪にピアスというイケイケの時代が
"ほんの一瞬"ありました(笑)

 


その後、お台場にある某Fテレビ局に勤務しはじめましたが
会社での寝泊り(残業どころか徹夜)を繰り返す中で

それこそ、上司のバイクを盗んでこの現実から逃走したい
と思うほどのストレスを抱えていました(笑)

 

そんなストレスの日々を過ごしていましたので
あなたもお察しの通り

自分の自由な時間なんてこれっぽちもなかったですが

幸いなことに常人離れした好奇心
絶対に叶えたい夢は持っていました。

 

そしてその好奇心を満たし、夢を叶えるために
まずは退路を断つところから始めよう

僕は3年間勤めていたFテレビ局を退社
お台場の監獄から飛び出しました。

リポーターとして何度かテレビ出演

 


そんな退職後の隠居生活を満喫しながらも
最優良案件のビジネスを血眼で探し回っていた
職なし、金なしのどん底貧乏人だったある日。

 

ようやく心から感動できる会社に出会えました。

 

そこでは
4ツ星以上の高級リゾートホテルのツアー

ゲストハウスと同等(もしくはそれ以下)の値段
提供されていました。

 

僕の枯れることのない好奇心を満たし
何を犠牲にしてでも叶えたい夢を実現させるには、この会社しかない!

 

ということで
その日を境に約3ヶ月に及ぶ準備期間に入りました。

 


そして現在は

「たくさんの人の夢を叶えるお手伝いをしたい」

という想いだけで

知識も人脈もお金もない状態から
その会社を取り入れた企画を立ち上げ

200名近い仲間と共に
東南アジア(シンガポール、マレーシア、香港など)
を中心に活動していて

 

月曜日の昼下がりから
ミシュラン1ツ星の素敵なレストランにて

フランスのソヴィニヨン・ブラン
乾杯できるまでに成長することができました。

 

全てはこのブログをいつも見てくださっている
あなたのおかげだと確信しています。

本当に有難う御座います。

※人生で初めて真剣に仕事をしています

北青山のマダムたちと同じ空間でランチ

 

6 件のコメント

  • 凌太さん、凄く分かりやすいブログです。

    テレビ局の仕事を辞めるのは、当時の凌太さんには勇気がある選択だったと思います。

    今は、仲間も増えてストレスの無い生活を楽しんでいる
    凌太さんのように私も成りたいと思います。

  • 凌太さんのブログ分かりやすいですね、

    私は、くどくなり過ぎて分かりずらく、
    長続きしません。

    すぐに、ブログネタが無くなり放置状態に
    なってしまいます。

    ブログを分かりやすくするには、どんなところに
    気を付けていますか?

  • はじめてコメントさせていただきます。
    Kiworaと申します。

    夢を叶えるために、
    まず退路を断つことから始められたという
    その勇気に感服いたしました。

    今後も学ばせていただきます。
    ありがとうございます!

  • 凌太さん、今日からスタートです!
    とても楽しみにしています。

    退路を断つところから始まった。覚悟をすることは今の私にとって一番欲しいものです!
    これからワクワクドキドキしながら進めていきたいと思います!

  • 凌太さん、初めまして。
    しょうへいと申します。

    私自身も、これからの大きな可能性に希望を
    持ちながら私らしく成長して、皆さんを
    導いていけるようになりたいと思います!

    今後ともよろしくお願い致します。

  • 凌太さんのブログ解りやすく、何より面白いです!
    ワクワクしてきますね。
    これからも、楽しみにしています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です